ぷそさんのプログラミング研究所

【matplotlib】グリッド線をグラフの後ろにする方法

この記事では,matplotlibでグリッド線をグラフの後ろにする方法をご紹介します。

目次

グリッド線を後ろに持っていく方法

どういう意味なのか

matplotlibでグラフを作成したときに,グリッド線がグラフの前面にくることがあります。

下の図のような現象です。

ちなみに,下のコードで出力しています。

import matplotlib.pyplot as plt
# データの設定
x = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7]
y = [50, 100, 180, 200, 250, 650, 700]

# グラフの定義
fig = plt.figure(figsize=(7, 4),dpi=300)
ax = fig.add_subplot(1,1,1)

# グラフの定義
fig = plt.figure(figsize=(7, 4),dpi=300)
ax = fig.add_subplot(1,1,1)

# 棒グラフの作成
ax.bar(x, y, align="center", color='#323232')

ax.grid(axis='y',linestyle='--', color='#e0e0e0')

fig.show()

明らかに変なので,これを解消する方法をご説明します。

グリッド線を後ろにする方法

結論から言うと,この1行を追加するだけです。

plt.rcParams['axes.axisbelow'] = True

これを加えると,以下の画像となります。

デフォルトからこうなっていない理由はわかりませんが,困っていたので誰かの役に立つと嬉しいです。

ソースコード全文はこちらです。

import matplotlib.pyplot as plt
plt.rcParams['axes.axisbelow'] = True

# データの設定
x = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7]
y = [50, 100, 180, 200, 250, 650, 700]

# グラフの定義
fig = plt.figure(figsize=(7, 4),dpi=300)
ax = fig.add_subplot(1,1,1)

# 棒グラフの作成
ax.bar(x, y, align="center", color='#323232')

ax.grid(axis='y',linestyle='--', color='#e0e0e0')

fig.show()
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログでは,PythonやLaTeXの使い方などを紹介しています!
仕事でも趣味でもプログラミングをしています。
ブログは2022年8月にスタートしました。
【経歴】東京大学大学院修了→大手IT企業勤務

コメント

コメントする

目次