ぷそさんのプログラミング研究所

【完全版】matplotlibで日本語文字入りグラフを作成する方法|Windows・Mac対応

目次

matplotlibで日本語文字入りのグラフ

pythonのmatplotlibでグラフを作成する人は多くいると思います。

その中でも,凡例や軸名に「日本語」を使う方法についてご紹介します。

下のようなグラフが作れます。

【結論】日本語の設定方法

結論から言うと,以下の1文を最初に追加すると出来ます。

plt.rcParams['font.family'] = 'フォントの名前' # fontの設定

ここで,‘フォントの名前’にはPCにあるフォントを指定します。

Windowsの場合

Windowsに標準搭載されている’MS Gothic’は日本語に対応しています。

plt.rcParams['font.family'] = 'MS Gothic' # fontの設定

Macの場合

Macに標準搭載されている’Hiragino Sans’は日本語に対応しています。
Officeをインストールしている場合は,’MS Gothic’も使用できます。

plt.rcParams['font.family'] = 'Hiragino Sans' # fontの設定

また,PCに何のフォントがインストールされているか確認するには,以下を実行してください。

import matplotlib.font_manager
fontlists = [f.name for f in matplotlib.font_manager.fontManager.ttflist]
print(fontlists)

コード全文

今回使用したコードはこちらになります。

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np

plt.rcParams['font.family'] = 'Hiragino Sans' # fontの設定

# データ作成
x = np.array([1, 2, 3, 4, 5])
data = np.array([1, 1.08, 0.94, 1.05, 1.00])
label = ["東京","大阪","愛知","北海道","福岡"]

# グラフの定義
fig = plt.figure(figsize=(6,3),dpi=300)
ax = fig.add_subplot(1,1,1)

# グラフのプロット
ax.bar(x, 
       data, 
       tick_label=label, 
       align="center",
       color="#000000",)

# 軸周りの設定
ax.set_ylabel("都道府県")
ax.set_ylabel("〇〇度")
fig.show()
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このブログでは,PythonやLaTeXの使い方などを紹介しています!
仕事でも趣味でもプログラミングをしています。
ブログは2022年8月にスタートしました。
【経歴】東京大学大学院修了→大手IT企業勤務

コメント

コメントする

目次